Oto

1 minute read

瓶詰にされて一人

ども。おとです。

時は夕暮れ。とあるカフェを訪れた時、店への道の途中に大きな瓶が置かれてました。面白半分で触ってみると、なんと中に閉じ込められちゃった。なんだか世界から隔離された気分。

ガラスを透かした風景は、いつも見る景色とは違っててなんだか少し曇ってる。閉じ込められた瓶の中で一人きりだと無性に寂しくなりました。慌てて外に出たけど。

そうして目的のカフェに辿り着くと、物静かなオーナーさんがいてホッとしました。少しだけお話して家に帰りました。

あたしは一人でいるのも平気だし好きだけど、瓶に閉じ込められるのは勘弁してほしいなぁ。ホントに自分が孤独なんだって寂しくなるからね。でもまたなんとなく孤独さを感じたくなったらあの瓶の中に入れば味わえることが分かったのが今日の収穫。カフェもいい感じだったしまた行きたいな。

それではまたね。

comments powered by Disqus